チャイルドシートを助手席に設置してはいけない理由

NG

さて今回は、チャイルドシートの取り付け位置について、記しておきたいと思います(*´∀`)

ちなみにみなさんはチャイルドシート、車のどの位置に設置をするか、もう決められましたか?

私も、設置前に、自分だったらどこに設置するかな~、と考えてみました!

友達の車とか見てると、後部座席に取り付けてる人が多いから後部座席が一般的なのかな?

でも助手席のほうが赤ちゃんの様子を確認できていい気もするしな~ どっちにしようかな~ どっちでもいいな~

・・という感じに、あんまり深く考えずに、自分の勝手のいい場所に取り付けるつもりでおりました私!!

ですが!ですが!知ってましたか?!子どもの安全を1番に考えた場合、チャイルドシートを設置すべき場所は、後部座席が大原則 だそうです!

チャイルドシート界の常識らしいです!(知らなかった!)

ちょっと、詳しく、見ていきましょう!

チャイルドシートを助手席に取り付けてはいけない理由

なぜ、チャイルドシートは助手席に取り付けてはいけないのか?

最大の要因は、運転席と助手席にあって後部座席にはないもの・・・それはエアバッグです!!

エアバッグ付きの助手席への後ろ向きでの取り付けは禁止されています。このことは、チャイルドシートの説明書にも、きちんと記載されています。

また、チャイルドシートを前向きに設置して使用の場合も、助手席への設置は推奨はされていません。

エアバッグ付きの助手席への取り付けはなぜNGなのか?

エアバッグは、大人の体型を守ることを前提に作られているので、エアバッグの衝撃に子どもの頭や体が耐えきれないことが十分想定できるということが、1番大きな理由です。

特に新生児用に後ろ向きでシートを助手席に設置してしまうと、シートがはじきとばされてしまったり、重大な障害につながるおそれがあったりと大変危険です。

その他の理由として

・正面からの事故を想定した場合、フロントガラスの飛散を直接受けてしまう恐れがある
・運転者はとっさに自分を守ろうと車のハンドルをきるため、助手席の被害が大きくなることが多い

などの理由もあげられます。

以上のようなことから、チャイルドシートは助手席に設置せず、後部座席への設置が推奨されている、というわけです。

後部座席の中でもさらに安全な位置ってあるの?

後部座席が3列シートの場合は中央のシート後部座席が2列シートの場合は、運転者の後ろの後部座席が、より安全と言われています。

3列シートの中央は、側面からも遠いので側面からの事故の際も窓際より衝撃を受けにくいそうです。

また、2列シートの運転者の後ろ側の後部座席は、運転者はとっさの事故の場合、自分を守るようにハンドルをきることが多いため、運転者の後ろ側のほうがより安全と言われています。

どちらも、絶対こちらのほうに設置しないといけない!というわけではありませんが、以上のような理由も加味して後部座席の設置場所を検討するとよいと思います。

やむをえず助手席にチャイルドシートを設置する場合

・・・しかし、チャイルドシートをどうしてもやむをえず助手席に取り付けないといけない場合が、あるかもしれません。

国土交通省ホームページに、やむをえず助手席にチャイルドシートを取り付ける場合は、

エアバッグから遠ざけるために助手席のシートを一番後ろに下げて、チャイルドシートを前向きに取り付けて使用してください

との記載があります。

ちなみにやむをえずの場合も、後ろ向きでの助手席への設置は厳禁です。

前向きの設置も、推奨されているわけではありませんので、どうしても、という場合以外は前向きの場合も、後部座席への設置をおすすめします。

まとめ

・・・うーん!チャイルドシート、どこにつけるかで安全性が変わるだなんて、私 今まで考えもしていませんでした!

同乗者の有無や、駐車スペースの関係、路肩にとめて人が乗り降りする頻度などを考えると、

人によってライフスタイルは様々なので、常にベストポジションにチャイルドシートを設置することは難しいのかもしれません。

ですが、やっぱりチャイルドシートは、子どもを守るための安全装置である、ということを第一に考えると、

私も設置の際は、できる限り子どもの安全面を最優先して、なるべく危険の恐れがない場所に設置してあげたいなと思いました。

これから設置される皆様、取り扱い説明書に記載されている適切な位置に、チャイルドシートは設置しましょう!

以上、今回は、チャイルドシートを助手席に設置してはいけない理由について、でした!

参考にしてみてくださいね!(*´∀`)

 

▼ おすすめサイト
ベビーカーにも!バウンサーにも!1台3役 便利なトラベルシステム対応チャイルドシートが勢揃い!【楽天市場】