\ ブランド子ども服をUSEDでお得にゲット /

チャイルドシートを助手席に設置してはいけない理由

NG

出産を控えた皆様、購入したチャイルドシート、もう取り付けされましたか?

実は、チャイルドシートを設置する時に必ず注意しなければならないことがあることをご存知でしょうか。

それは、チャイルドシートの取り付け位置についてです…!

私が初めてチャイルドシートを設置しようとしたときは、何の知識もなかったため、助手席も含めて自分の使い勝手のいい場所にチャイルドシートを取り付けるつもりでした。

だって、単純に子どもは自分が見やすい場所にいたほうが子どもも安心できるのでは…?と思ったからです。

ですが色々調べてみたところ、実はこれは大間違いだったことが分かりました。

「チャイルドシートは、後部座席に設置する。」これが、チャイルドシート界の常識だそうです!

私も、チャイルドシート設置前にこの事実を知ったおかげで、チャイルドシートは助手席ではなく後部座席に設置をしました。

今回は、チャイルドシートを助手席に設置してはいけない理由についてをご説明いたします。

これからチャイルドシートを購入してどこに取り付けようかな?と迷っている方、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

チャイルドシートを助手席に取り付けてはいけない理由

それではなぜ、チャイルドシートは助手席に取り付けてはいけないのでしょうか?

助手席にあって、後部座席にはないもの・・・それはエアバッグです。

エアバッグがある席にチャイルドシートを取り付けると重大な事故に繋がる恐れがあるので、助手席へのチャイルドシートの設置は禁止されているんです。

チャイルドシートは新生児~1歳頃までは、進行方向に対して座面を後ろ向きに設置しますが、エアバッグ付きの助手席へ後ろ向きでチャイルドシートを取り付るのはさらに危険です。

このことは、チャイルドシートの説明書にもきちんと記載されていますので、チャイルドシートの説明書も確認の上、適切な場所へ設置をしましょう。

エアバッグ付きの助手席へチャイルドシートを取り付けるのはなぜダメなの?

それではなぜ、エアバックがあるとチャイルドシートを設置してはいけないのでしょうか?

その1番大きな理由は、エアバッグは、大人の体型を守ることを前提に作られているからです。

エアバッグのある助手席にチャイルドシートを設置してしまうと、エアバッグが作動したときの衝撃に子どもの頭や体が耐えることができません。

特にチャイルドシートを進行方向に対して後ろ向きで助手席に設置してしまうと、シートがはじきとばされてしまったりする可能性もあり、大変危険です。

「助手席にはエアバッグがついている」これが助手席にチャイルドシートを設置しないほうがいい最大の理由ですが、他にも、チャイルドシートの設置場所として適しているのは助手席ではなく後部座席だという理由があります。

一つは、正面からの事故を想定した場合、助手席にチャイルドシートを設置しているとフロントガラスの飛散を直接受けてしまう恐れがあるということ。

車の事故で最も多いのは正面からの事故ですので、正面からの事故の被害を最小限におさえるためにもフロントガラスから少しでも遠い場所に設置するほうが安心です。

さらに、助手席がチャイルドシートの設置場所として適していない理由として、運転者は事故の際、とっさに自分を守ろうと車のハンドルをきるため、助手席の被害が大きくなることが多いそうです。

とっさに子どもをかばうようにハンドルを切れるか?というと、いくら子どもを想う親でも難しいですよね。

エアバッグで重大な事故に繋がる可能性があること、フロントガラスの飛散を受けてしまうこと、とっさの時のハンドル操作による助手席への被害増。

助手席にチャイルドシートを設置してしまうと、子どもの命が危険にさらされてしまう恐れがあることがお分かりいただけたかと思います。

チャイルドシートを後部座席に設置する場合、さらに安全な位置ってあるの?

それでは、チャイルドシートを後部座席に設置する場合、後部座席の中で、よりチャイルドシートの設置に適したポジションはあるのか?も合わせてご紹介いたします。

チャイルドシートを後部座席に設置する場合、後部座席の中にもさらに安全性が高いポジションがありますので、選ぶ余地がある場合は参考にしてください。

後部座席が3列シートの場合は中央のシート、後部座席が2列シートの場合は、運転者の後ろの後部座席が、後部座席の中でもより安全と言われています。

3列シートの後部座席中央は、側面からの事故の際、窓際よりも衝撃を受けにくいため、より子どもが安全に乗車できるためチャイルドシートの設置場所としておすすめです。

2列シートの場合は、先ほどもご説明したように、運転者はとっさの事故の場合自分を守るようにハンドルをきることが多いため、後部座席にチャイルドシートを設置する場合は運転者の後ろ側に設置した方がより安全と言われています。

まとめ

以上、チャイルドシートを助手席へ設置してはいけない理由と、後部座席のより安全な取り付け位置についても合わせてご紹介しました。

これまで、どこに付けても変わらない?と思っていた方にも、チャイルドシートはどこに取り付けるかで安全性がすごく変わるんだ、ということがお分かりいだだけたかと思います…!

同乗者の有無や、駐車スペースの関係など、ライフスタイルは人によって様々なので、常にベストポジションにチャイルドシートを設置することは難しい場合もあるかと思いますが、

チャイルドシートは、ただのイスではなく子どもを守るための安全装置という認識をもって使用することが大切です。

万が一のことがあってから、後悔しては遅いです。

「子どもの命を守るために、チャイルドシートは助手席を避け、後部座席へ設置する。」

これからチャイルドシートを購入する方はぜひ、覚えておいてくださいね!

スポンサーリンク