\ ブランド子ども服をUSEDでお得にゲット /

お財布に優しい!兼用タイプのチャイルドシート

aee42a368f867db7787261a8975c0310_m

日本では、経済的・エコ的視点から兼用タイプのチャイルドシートがとっても人気!
今回は、兼用タイプのチャイルドシートについて、種類を確認していきましょう!(*´∀`)

その前に、基本のチャイルドシートの種類についてを、
もう一度おさらいしときますと・・・

チャイルドシートの種類は、大きく分けて3種類

①まだ身体の出来上がっていない赤ちゃんのための「乳児用シート」
②首が座って自分で座れるようになったら前を向いて座る「幼児用シート」
③大人と同じように車のシートベルトを使うための補助の役割「学童用シート」

これが基本中の基本のチャイルドシートの種類でした!
この基本をふまえつつ、兼用タイプのチャイルドシートを1つずつ確認していきましょう!

スポンサーリンク

兼用タイプの種類は3種類!

この兼用タイプも、1種類ではありません!
どこを兼ねるかで3種類のタイプに分けられるんです(´ω`)!

①乳児・幼児兼用タイプ
②幼児・学童兼用タイプ
③乳児・幼児・学童兼用タイプ

上記の3種類に、分類されます!
それでは兼用タイプの特徴を1つずつ見ていきましょー(*´∀`)

①乳児・幼児兼用タイプのチャイルドシート

体重18キロ未満、新生児~4歳ごろまでを想定した兼用チャイルドシートです。

成長に応じて、
乳児期は後ろ向き→幼児期は前向きに設置できる2WAYタイプと
乳児期は後ろ向きorベッド型→幼児期は前向きに設置できる3WAYタイプがあります!

<メリット(*´∀`)>
・体格のいい赤ちゃんや、発育のよい子どもは、
乳児専用チャイルドシート(ベビーシート)だと、短期間で使えなくなって
しまうことも多いそうなので、機能を切り替えて新生児からそのまま4歳くらい
まで使えるこのタイプはエコの点でも経済的にも大変魅力的!
・製品の種類が豊富

<デメリット(´Д`)>
・取り付けが専用なものより複雑
・重たいものが多い

日本では乳児・幼児兼用タイプは1番人気があるため、
ラインナップが豊富なので自分の欲しいものを選びやすいという理由から
個人的にはこの兼用タイプが一番おすすめです(*´∀`)!

私は自分の軽自動車に基本つけっぱなしを予定しているので
重さや設置のめんどくささは1度取り付けてしまえば特に気にならないかな、と思ってますが
車2台で頻繁につけかえる予定がある方なんかは、取り付けのしやすさ・製品の重さも
しっかり確認したうえで検討することをお勧めします!

②幼児・学童兼用タイプのチャイルドシート

体重9~36キロ、年齢1歳~10歳ごろまでを想定したチャイルドシートです。

成長に応じて、
ハーネスあり→ハーネスなしで車のシートベルト使用→背もたれ部分を外して座面のみ使用
という感じで、3段階で機能をかえながら使用するタイプです。

<メリット(*´∀`)>
・幼児・学童時期を1台ですませることができるのでこちらも経済的な面で大変魅力的!
・赤ちゃんを寝かせたまま運搬できるなどの理由で乳児期は
乳児用シート(ベビーシート)を使いたい、というかたに、おすすめのタイプです。

<デメリット(´Д`)>
・使用想定期間が長いのでより清潔に保つ工夫が必要
・製品のラインナップが少ない

③乳児・幼児・学童兼用タイプのチャイルドシート

体重36キロ、新生児~10歳ごろまでを想定したチャイルドシートです。

成長に応じて、
乳児期はうしろ向き→首がすわった頃から前向き→
そのあと体格に合わせて、ハーネスや座面のクッション、背もたれなどをとりはずしながら使用します。

<メリット(*´∀`)>
チャイルドシートの義務年齢(6歳)まではこれ1台でまかなえる!という分かりやすさ、
コストパフォーマンスが大変魅力です。

<デメリット(´Д`)>
・長期間使える仕様のため大きくて重たいものが多い
・使用想定期間が長いのでより清潔に保つ工夫が必要
・製品のラインナップが少ない

まとめ

お財布に優しい、兼用タイプのチャイルドシートですが、

専用のものに比べると
機能が複雑で設置が難しかったり、子どもに対してシートが大きすぎる時期があったりと
色々なデメリットも考えられます(´Д`)!

安全面や製品の重さ、取り外しの扱いやすさ、清潔の保ちやすさ、子どもを車に乗せる頻度はどうか?
などチャイルドシートにどんな機能を求めるか、優先順位をしっかり決めて
選ぶことが大切ですね!(´ω`*)

 

▼ おすすめサイト
ベビーカーにも!バウンサーにも!1台3役 便利なトラベルシステム対応チャイルドシートが勢揃い!【楽天市場】

スポンサーリンク